LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの効果的な使い方を徹底解説

多くのメリットを持つ白髪染めヘアカラートリートメントを、支持する女性がいま増えています。

そのなかでも、人気が高い「LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント」に関する情報をまとめました。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの効果的な使い方を中心に、口コミ・レビューから得た使用頻度や放置時間についての情報にも触れています。購入を検討している方は、是非参考にしてください。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントとは?


LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは、白髪を美しく染めることができる優秀な商品です。ヘアカラートリートメントとは、髪表面に色をつけることができるトリートメントのことです。

“トリートメント”をメインとした商品なので、髪・頭皮をしっかりとケアしてくれます。そのため、とても美しい仕上がりを実感することができます。

また、トリートメントを行うと同時にヘアカラーを楽しむことができます。効率よく時間を使うことができますし、手間もかからないので気軽にトライしやすいのが特徴です。

カラーはブラウンなど計5種類

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは、豊富なカラーバリエーションが展開されています。そのため、自身の好みに合わせて色をセレクトできます。

販売されているカラーは計5種類あります。ブラウン・ダークブラウン・モカブラウン・ベージュブラウン・ソフトブラックです。

特に人気の色はダークブラウンです。落ち着いたこげ茶色ですが、少し赤みがかった風合いに仕上がります。華やかさを演出しながらも、どのような場面でも馴染むカラーです。

ルプルプの配合成分

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの配合成分について説明します。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントには、美容界でいま注目を集めている育毛成分である「フコイダン」が配合されています。

フコイダンは、北海道・函館でとれる希少な「ガゴメ昆布」より抽出されています。海藻の粘りに含まれている成分のひとつで、バリア機能がとても発達している点が特徴です。このバリア機能をフルに活かし、ストレスから髪・頭皮をしっかりと守ってくれます。

また、フコイダンは乾燥を防ぐ働きも持っています。与えたうるおいを逃がすことなく、ツヤのある髪を育成することができ、頭皮環境自体も健康な状態へと導いてくれます。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントには欠かせない育毛・美髪成分であるフコイダンを配合しているので、白髪を染めた後の仕上がりが美しく、贅沢な使用感を味わうことができます。

さらに、こだわっているのはトリートメント成分のみではありません。実は、LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは染料についても研究を重ねています。

染料には、天然色素であるベニバナ・クチナシ・藍等を採用しています。そのため、髪・頭皮へのダメージを心配する必要はありません。

また、様々な天然色素をバランスよく配合することで、はっきりとした発色を実現させています。

このように、LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントには多くの成分が配合されています。髪・頭皮へのケアを怠ることなく、美しくイメージチェンジを行うことができるため、おすすめの商品です。

白髪染めをする前にやるべきこと


ヘアカラートリートメントを用いて、白髪染めをする前にやるべきことがいくつかあります。各ポイントをまとめたので、それぞれ説明していきます。

コームなどを準備する

ヘアカラートリートメントを使用する際に、素手で髪全体に塗布することも可能です。しかし、素手であれば均一に塗布することは難しく、うまく染まらないという声も多く聞こえます。

ムラが生じてしまうことで、思ったような仕上がりにならなったと不満になってしまうことも多いのです。

そのような事態を防ぐためにも、コーム・手袋などの道具を準備しましょう。

準備する手間や多少の出費が必要ですが、道具を使用して染めるだけで格段に美しい仕上がりが実現します。

ヘアカラートリートメントには、染料が含まれています。素手で使用できるものの、やはり爪の間や指先などに染料が付着してしまうことも多いです。

使い方や肌質によっては、なかなか汚れが落ちずに困ってしまう場合もあります。

そのため、ヘアカラートリートメントを使用した後により快適な時間を過ごしたいと考えている方は是非手袋を着用しましょう。

また、特におすすめしたい道具は「コーム」です。

手袋を使用して、根本に染料が行きわたるようにしっかりと揉みこむ方法もあります。

しかし、コームを使用すると髪を1本1本とかすことで均一に染料が行きわたるので色ムラが生じにくくなり、仕上がりがより綺麗になります。この時、1度だけ髪をとかすのではなく、繰り返しコーミングを行うのがコツです。

そして、ただ根本から髪をとかすだけではなく、毛先の方からあえて逆向きにコーミングしてください。抵抗・負荷をかけることでより染料が髪に密着します。

多少時間がかかりますが、この工程を加えるだけで理想の髪色に近づけることができます。

コームは様々な形状のものが販売されていますが、なかでもおすすめしたいタイプがあります。片面は目が粗いコーム、もう一方の面が刷毛状になっている商品です。

よく美容室で使用されているものをイメージしていただくと、分かりやすいと思います。1番使い勝手がよく、初心者でも使いやすいと高い評価を得ています。

市販であれば数百円程度です。ですが、実はルプルプからもコームは販売されています。¥770(税込)にて購入可能なので、気になる方は是非チェックしてみてください。

シャンプーで頭皮を綺麗にする

シャンプーで頭皮を綺麗にすることも大切です。シャンプーをしていない髪・頭皮には、皮脂や汚れが付着している状態です。

皮脂や汚れがついたままカラーを行うとうまく髪に染料が馴染みません。そのため、ムラができてしまって均一に発色しません。ヘアカラートリートメントにて白髪染めを行う際は、事前にシャンプーを行いましょう。

髪の毛をしっかり乾かす

ヘアカラートリートメントを塗布する前には、髪の毛をしっかり乾かしましょう。髪の毛をしっかりと乾かすことで、白髪の部分が認識しやすくなり、より効率的にカラーリングを行うことができます。

また、乾いた髪の毛は染料が入りやすいです。1度でしっかりと白髪が染まるため、時間も節約できますよ。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの効果的な使い方


人気のLPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントを使用するにあたって、より効果的な使い方を解説します。

それぞれのポイントを抑えるだけで理想に叶った仕上がりが実現します。シンプルな方法で、比較的実践しやすいので是非試してみてください。

ルプルプは適量使う

まずは、ルプルプを適量使うことを心がけましょう。実はルプルプを使用する際の量については、具体的なものが紹介されていません。

公式サイト上では「ゴルフボール5個分」と、使用目安量の明記があります。ですが、抽象的なニュアンスであるため、実際手に入れた時にふと不安になってしまう方も一定数いらっしゃるようです。一体、どのくらいの量であれば効果を実感できるのでしょうか。

もちろん、髪質や長さによっても適量は変わってきますので注意が必要です。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントを使用する際、どのくらいの量を出せばいいかと悩んでしまった場合は使い方のポイントが2つあります。

1つめは、少し多すぎると思うくらいの量を一気に出してしまうことです。

コスパのことを考慮し、もったいないと感じる場合もあるでしょう。できれば、少量だけ使用して白髪を染めてみたいという方もいらっしゃいますよね。

しかし、ヘアカラートリートメントは髪表面に色をつける商品です。ヘアカラー剤と比較すると、染毛力はそこまで強くありません。そのため、髪全体を万遍なく染めるのであれば、たくさんの量を使う必要があるのです。

少量では、色ムラが大きく生じてうまく染まらない可能性があります。大胆さを感じるくらい、ドバっと手に出してしまうのがポイントです。

2つめは、ルプルプヘアカラートリートメントを少量ずつ手に出しながら、白髪染めを行うということです。

特に慣れないうちは、自身の髪質・長さ等にどのくらいの量が必要なのか判断しにくいですよね。一気に多量を出してもOKですが、やはりなるべく無駄を減らしたい場合はこちらの使い方もおすすめです。

少量ずつ手に出すのは、少し手間がかかってしまうかもしれません。ですが、自身にとっての適量を認識しやすい方法です。ヘアカラートリートメントを無駄にしてしまう場面も、かなり少なくなるのではないでしょうか。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの使用に慣れていない方は、こちらの方法であればよりトライしやすいでしょう。

いずれにしても、その方によっての適量が変わります。LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの適量については、使用していくなかで自身が感覚をつかんでいくといいかもしれません。

髪にヘアカラートリートメントを塗布していく場面においても、どのような使い方をするかという部分も、人それぞれ違います。自身の好みに合うものを選びましょう。

ムラなく塗る

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントを髪全体にムラなく塗りましょう。できればコームを使用して万遍なく塗布することをおすすめします。

髪の生え際・こめかみ等は、素手や手袋ではなかなか届きにくいですよね。コームであれば、1本1本の髪の毛に染料を行きわたらせることができます。

ムラなく塗ることで、綺麗な発色が実現しますよ。自身が思い描く色や仕上がりに近づけるために、細かい部分を意識してカラーを行うといいでしょう。

また、LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントをムラなく塗った後に「ラッピング」を行うと、よりしっかりとカラーが定着します。

ラッピングとは、シャワーキャップ・ラップ等を使用して髪全体を包み込むことを指します。蒸しタオルもプラスするとより髪に染料が浸透しやすくなります。

放置時間は1時間が目安

さて、LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントをムラなく塗り終わった際の放置時間について解説します。

公式HPには「20~30分」と記載があります。ですが、「1時間」放置することで更なる効果を実感できるという声が多いのです。

ヘアカラートリートメントは染毛力がそこまで強くない分、放置時間が短ければ綺麗に発色しない場合もあります。また、髪質によっては色落ちがはやくなってしまうこともあります。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントをリピート・愛用している方の多くは、実際に1時間ほど放置することをおすすめしています。

1時間放置している間は、家事・半身浴等で時間を有効活用できますし、まさに一石二鳥ではないでしょうか。

口コミから分かった効果的な放置時間

口コミから分かった効果的な放置時間も「1時間」という結果となっています。平均して1週間ほど色持ちするようです。

ただし、個人差があります。痒み等やアレルギー反応が不安な方は、メーカーが推奨する「20~30分」もしくは「10分」時間をおいている場合もあります。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの使用に慣れていないうちは、まずは20~30分の放置時間を取り入れてみましょう。痒みなども生じることなく、問題なく使用できることを確認できると安心ですね。

安心して使用できることを実感できたら、自身の要望に応じて放置時間を検討してください。

やはり1時間置いた方がはっきりとした色味に染まりますし、色落ちも気になりません。放置時間に関しても、色々と試してみるとよいでしょう。

長時間の放置しても頭皮や痒みは大丈夫?

しかし、長時間放置すると、頭皮や痒みなどが生じないか気になりますよね。そのような不安を解消し、より心地よく白髪を染めたいと考えている方に向けて詳しく説明します。

こちらに関しても、髪質・頭皮によって変わります。そのため、一概に大丈夫であると明言をすることができませんので、その点を留意して自身に適した放置時間を設定してください。

ルプルプの公式HPに記載があった推奨する放置目安時間は20~30分です。メーカーいわく、もし20~30分以上放置したとしても、痒み・頭皮への過度な染料付着がなかった場合は問題ないということです。肌に合えば、1時間放置してもOKです。

やはり、自身の髪質・肌質等とLPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントとの相性を知ることが大切です。ちょうどいい放置時間を探って、実践することで今後染めていく頻度・ペースもより把握しやすくなるでしょう。

染まりやすさをレビュー


LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの染まりやすさについて、様々な口コミ・レビューが寄せられています。実際に愛用している方の声は、とても参考になるものばかりです。

それでは、LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの効果的な使い方をさらに深く追求していきます。

はじめの白髪染めは3回連続がおすすめ

髪全体にしっかり色を定着させること、また均一に髪に色素を浸透させていく工程が必要なので、はじめの白髪染めは3回連続で行いましょう。これは今後使用していくなかで、ムラを生じにくくさせる目的もあります。

定期的にヘアカラートリートメントを使うために、まずは“土台を作る”というイメージに近いかもしれません。

1日1回の白髪染めを3日間連続で行っていきます。最初だけ少し根気がいりますが、最初に白髪染めを連続して行うことでメリットが増えます。

まず色持ちもよくなりますし、発色もムラなく美しいです。なにより髪がとてもツヤツヤになるため、指通りがよくなります。

はじめの白髪染めを3回連続で行うだけで理想の仕上がりに近づくことができるので、是非取り入れてみてください。

その後の頻度は1週間に1~2回

はじめの白髪染めに関しては、連続して行うことがおすすめですが、1度しっかりと全体をムラなく白髪染めすることができれば、その後の頻度は1週間に1~2回でOKです。これはメーカーからも正式にアナウンスされています。

平均的に見ると「1週間に1~2回」の頻度で白髪染めを行っている方の割合が多いです。しかし、色持ちによってその頻度は多少前後します。

髪質によっては、色が抜けにくい場合もあります。そのような方は、1週間を経過してもヘアカラートリートメントを使用していません。

生え際の白髪が気になりだし、大体2週間ほど経過してから白髪染めをしているというレビューも確認できました。

色持ち次第という部分がかなり大きく、個人差があるのが現状です。そのため、まずは1週間に1~2回から試してみましょう。その後、色落ちがあまり気にならないようであれば、頻度を変えてみてもいいかもしれません。

白髪染めを行う頻度に関しても自在に選べます。そのような点も、LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの魅力といえます。なるべく自身にとって、ストレスを感じにくい使い方を選ぶといいでしょう。

ヘアカラートリートメントは、髪内部には染料が浸透しません。どのような髪質であったとしても、シャンプーをするたびに起こる色落ちを防ぐことはできません。なので、定期的に継続して使用していくことで効果が持続します。

美しさをキープしていくためにも、なるべく減らせる負担はカットしていきたいですね。白髪染めをしていくなかで、様々な工程から自分に合った使い方を見つけていきましょう。

まとめ


LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの効果的な使い方を、口コミ・レビューから頻度や放置時間に関する情報も交えて詳しく紹介しました。

様々な視点から分析を行い、研究を重ねて開発された、LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント。数多く販売されている白髪染め・ヘアカラートリートメントの商品においても、いま大ヒットを記録しています。

ちなみに、LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは東急ハンズやロフト等の大型店舗で取り扱いがあるようです。しかし、ドラッグストア・ディスカウントストアでは販売されていません。それ以外であれば、公式サイトからネット通販も可能となっています。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは、スピーディーかつ美しく白髪を染めてくれます。「白髪を染めたいけど、ダメージが気になっている」とお悩みの方に是非お試しいただきたいです。

エッセンシャルオイルを彷彿とさせる、優しいフローラル系の香りも大変好評です。綺麗に白髪を染めながら、心身ともにリフレッシュすることもできますよ。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントが気になる方は、是非チェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

Column

同じカテゴリのコラム

すべてみる
  • LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは一味違う白髪染め?口コミやレビューを紹介! LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは一味違う白髪染め?口コミやレビューを紹介!

    LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは一味違う白髪染め?口コミやレビューを紹介!

  • LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの定期便の解約方法は簡単?解約のデメリットなども解説 LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの定期便の解約方法は簡単?解約のデメリットなども解説

    LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの定期便の解約方法は簡単?解約のデメリットなども解説

PAGE TOP